借金総量規制ってなに?

総量規制には、金融機関に対して不動産向けの融資の延び率に規制を加えた経済対策としての「総量規制」と、貸金業に対する貸金業法上の「総量規制」があります。
総量規制の対象となるのは、現行4種類の貸付契約、「個人向け貸付」「個人向け保証」「法人向け貸付」「法人向け保証」のうち、個人が直接、貸金業者からお金を借りる「個人向け貸付」だけです。
個人であっても事業用資金を借り入れる場合は、総量規制の対象外になります。
借り入れ希望者は、貸金業者が指定信用情報館に自分の情報を調べることについて同意を求められます。
貸金業者は提出された書類で、貸付金額が年収などの三分の一という限度額を超えないかどうか判断するのです。
よくわかる総量規制ガイド