住宅ローン返済のメリットとは?

長年住宅ローンの支払いをしていると思いもよらない現金が手に入る事もあるかと思います。
その様な時は是非、繰り上げ返済を検討してみてください。
繰り上げ返済とは月々のローンとは別のもので、まとめて現金を返済する方法です。
繰り上げ返済をすれば、元のローン残金を減らす事が出来ますので、元の借入額を減らす事が出来ます。
元金が減るので、月々の返済額も少なくなります。
繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合があります。
住宅ローンを組む時に皆さんが一番気になるのが金利ではないでしょうか。
ローン金利はだいたい大きく分けて固定金利・変動金利があります。
どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行の方に、おすすめですよ。
などと言われる事はありません。
多くの銀行では、固定金利は高く、変動金利は低く金利が設定されています。
また、どちらのタイプを選ぶかによって審査が違ってくる。
といった事はなく、公平な審査が行われます。
固定金利・変動金利どちらが良いか迷った時は、銀行から発表される金利の推移をチェックすると良いです。
住宅ローンを組むにはまず頭金と言う物が必要です。
頭金が無くても購入出来る!という広告も目にしますが、確かにそれでも購入は可能でしょう。
ただし、月々の返済は多くなります。
返済を少しでも少なくしたいのであれば、やはり最初に頭金を少しでも支払うと良いと思います。
頭金の支配い額は物件金額の20%と言われていますが、住宅を購入すると他の費用もかかりますので目安は20%と言う事で、自分の支払える範囲でやっていくと良いでしょう。
家を購入する際に役立つのが住宅ローンです。
ローンの申請は、銀行や信用金庫などから行うことができます。
ローン申請の際は、むこうから提示されるいろいろな資料を用意する必要があります。
なんといっても、35年という長期間、多額の現金を貸し出すわけですから銀行の方も、年収・勤続年数にこだわり審査をします。
ですから、ローン申請は申し込めば必ず通る。
という期待はできません。
不可。
という場合もあり得ます。
基準としては勤続年数3年以上、年収300万以上これが最低クリアしなければいけないラインと言われています。

住宅ローンの繰上げ返済の手数料は?