カードローンを借りる時にはできるだけ金利の低いところを探しましょう

カードローンするときは、できるだけ安全な会社から借りたいですね。
「大手」も信頼のひとつになるかと思います。
電車広告などでお馴染みのモビットやノーローン、老舗消費者金融のアコムやプロミスなどが有名ですし、コマーシャルを見ることも多いですね。
大手というと豊かな経済力が背景にありますが、利用者へのアピールポイントはズバリ、利率が低いことです。
月々の収支をきちんと把握して利用すれば、利息分の負担が少ないほど返済額を低く抑えることができます。
それに、延滞して結果的に高くつくことを考えたら、最初から利率の低いところを選んだほうがいいでしょう。
虚偽の報告をしてカードローンの申し込みをしたとすると、有印私文書偽造罪といって刑事罰の対象になります(大田区を太田区と書くようなケアレスミスはもちろん対象外)。
ローン会社がそれに気づいても被害届をバンバン出しているといった話は聞きません。
被害が出ていれば通報する、未然阻止ならしないというスタンスかもしれません。
どのみち、詐称して融資を受ける(受けられる)ことはありえないと考えたほうが妥当でしょう。
第一、審査を通ったとしても喜べませんよ。
わかった時点で一括返済、借入停止、即ブラックというリスクは必至です。
正直に申告して借りられる額だけを借りたほうが現実的ではないでしょうか。
カードローンは生活費が切迫した時に使うことも可能です。
少しの借金で、生活費を補填することも可能です。
手元にお金が入ってすぐに返済すればいいので、容易に使える方法でもあります。
どうしてもお金が必要になったら借りるという手段も勘案してください。